<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
引越し
 引越しのお知らせ:


いろんな原因でここ一応更新をやめます。


これは新しいアドレスです。

http://tany422.blog50.fc2.com/  
18:19 | - | comments(33) | trackbacks(51)
新しい髪形
 
ffffa

長さあまり変わらないみたいね。。。ちょっと薄くなっただけですwwww。
14:57 | レッドの金曜 | comments(1) | trackbacks(4)
田舎景色

 dgaaaa


hhh


rwrwr


fssss


33332

 

5553333



262626



55433



515151111


5262622

14:54 | グリンの水曜 | comments(1) | trackbacks(1)
久しぶりの。
 海


22







3




小動物


4


15:37 | グリンの水曜 | comments(3) | trackbacks(7)
闇の中で

 
track1.「空間」

狭い部屋の中で、自分に囁いていた。

その静かな言葉たちは、まるで空から降ったみたいに。

異空間の感じをさせた。

空耳かも。

 

track2.「規則」

規則。

あるのかな。

それは世界の縛りというものなら、破ってほしい。

そして笑えるであろう。

 

track3.「自由」

私たちは自由でいない。

私たちは自由になれない。

私たちは自分に縛られているのである。

意識していてもしていなくても。

解放を得ない。

死ぬまで。 

 

track4.「孤独」

自分と似てる左脳を持っている人間じゃなけりゃ、

つながりを作っては無理である。

一応、孤独から救われた感じをさせたかもしれないが、

何れに黙るようになり、前よりもっと、

寂しくなるであろう。

 

track5.「反抗」

世界が暴れる光景を見たい。

時を暴走させたい。

時が暴走する様。

 

track6.「質感」

肌の温度。

黒い金属の声と共に、

心臓の鼓動を煽てた。

それはロックにエロティック、というもの。

 


track7.「神様」

人間は愚かである限り、

ゴッドの存在が必要である。

 


track8.「イエス」

イエスは、暗闇の隅から私を質問し続けていた。

「お主の心は、何処にいる。」

静かに、私の神経を叩いていた。

 


track9.「恐れる」

怖い。

人間として、怖いんだ。

 


track10.「夜明け」

独りで夜を過ごせば、

陽の光が顔を照らした時、

貴方が思い出されたんだろう。

普通、そう思うはずだけど、違った。

その一瞬、記憶喪失になってしまった。

15:35 | グリンの水曜 | comments(1) | trackbacks(1)
写真
 v








その通りです。。。
14:32 | ピンックの土曜 | comments(0) | trackbacks(1)
。。
 <孔雀の飼い方〜高熱彼女〜>(SS)
続きを読む >>
14:25 | レッドの金曜 | comments(1) | trackbacks(5)
今年第一份问卷。。

>>

続きを読む >>
16:44 | レッドの金曜 | comments(0) | trackbacks(6)
。。
「愛の束縛」(SS)
続きを読む >>
12:48 | レッドの金曜 | comments(2) | trackbacks(2)
。。

《家庭教師の魅惑DNA》(HSa)


続きを読む >>
12:32 | レッドの金曜 | comments(1) | trackbacks(0)
| 1/3P | >>